管理体制から考える

sample家庭教師でも学習塾でも、これから生徒に対して勉強を教えていこうとする時、 1年間分の計画を明確に立てていくカリキュラム表を作り出しています。 講師として入念に作っていきながら、生徒が着実に学習パターンを作っていけるように進捗度合いを学校の授業と合わせていきます。 そして日頃の授業における進め方であったり、夏休みや冬休みといった長期休暇における授業内容、 さらには受験や模擬テスト対策などといった計画を立てていきます。

そんな中で学習塾であったり家庭教師が授業を進めていき、進捗度合いを管理したり、調整していくチェック表を欠かさずつけています。 学習パターンを作り出すためにも参考材料となりますが、何を現在学習しているか、 そしてコミュニケーションを通じて悩んでいないかを一目で分かっていけるように作り出しています。 受験対策になっていくと、志望校のレベルに本当に合っているかをチェックしていきながら量もしくは難易度を調節していきます。

授業日以外では家族とも相談しながら、内容を精査していき進めていくようになっています。 宿題などは学習管理を行う上でチェックすべき項目です。 そして内申点をアップさせていくことも意識しながら指導を講師は行っていきます。 こうして生活リズムを作り出していき、学習パターンを作り出していくことができるでしょう。

最新投稿